So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Leads and Spurs [Column_Photo Archives]

lead_shibaurafuto_02.jpg: Hinode-Futo, Tokyo, Japan. early 1980s

Industrial leads and spurs diverting from the main track could be found anywhere in the 70’s. And those sleepy vacant spaces were the prime playgrounds for the kids like me: my pole at that time was decoding faded route cards on boxcar doors.

Today, industries served by rail are mostly located not in the town but in the fenced suburban industrial parks where kids aren’t familiar with or far from home. Leads and spurs in the town may be missed sooner or later.

Model Railroader magazine often features such leads and spurs in a town as “a railroad you can model”, maybe not only to suggest a switching layout operation but also to sentimentalize the miss of neighboring rails[1]. Hereafter, I’ll represent such industrial leads I happened to meet during the trip along the former D&RGW route.

[1] Richter, David, (1968) “Railroads in the streets”, April 1968, Model Railroader, Kalmbach Publishing

lead_shibaurafuto_01.jpg: Hinode-Futo, Tokyo, Japan. early 1980s


町中の引き込み線は、かつてどこにでもあるものだった。鉄道にとってそれは生きるために不可欠な毛細血管であり、かつ収益の最前線でもあったはずだ。一方でそこは、家に程近く、子供たちにとって最高の遊び場でもあった。筆者の経験では怒られることもなかった。

しかし今日、線路を引き込んでいた企業の多くは、町中ではなく郊外の工業団地に移転してしまった。そこは家から遠く、そしてもはや子供たちの遊べる場所ではない。わたしたちにとって引き込み線の空間は郷愁と化しつつある

だからかどうか分からないが、Model Railroader誌では、そのような引き込み線を “a railroad you can model”という記事でよく取り上げてきた。入れ換え運転を楽しむレイアウトの提案であるが、感傷に浸るという意味合いもあるのではないか。以降、このブログでも旧D&RGW沿線に遺る引き込み線を紹介しながら感傷に浸ってみたい。

画像は夕闇迫る東京都港湾局専用線・日之出埠頭付近。1983年もしくは84年の撮影である。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
D&RGW
Ring Owner: Nathan Holmes Site: D&RGW Site Ring
Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet
Get Your Free Web Ring
by Bravenet.com