So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Seely House (Rio Grande Company House), part 4 [Works_Town of Cisco]

seelyhouse_model_05.jpg: oveall view of the House

I’m trying to duplicate the whole town of Cisco, Utah in N scale. Here, I represent the making of Seely House.


I first spray painted the wall with GSI Creos B525 Mr. Oxide Red Surfacer, then added layers of Tamiya TS-33 Dull Red and mixture of White, Unbleached Titanium, and Raw Umber Liquitex acrylic paints on it. Waited till they dry, I carefully sanded the layers of paint to represent the brick and mortar.

Roof went through the similar process: layers of Tamiya Surface primer(L), Tamiya TS-6 Matt Black, and a mixture of White and Ivory Black Liquitex acrylic paints sanded to represent the shingles. Light wash/weathering is added to roof and chimneys.

seelyhouse_model_03.jpg: sanded wall
seelyhouse_model_04.jpg: sanded roof

Eaves, windows, and doors are spray painted with white colored surfacer. As the house was left vacant since late 50’s, the window glasses must have been clouded in early 70’s. However, I left them clean in my model. The results are shown below.

seelyhouse_model_06.jpg: Northwest corner
seelyhouse_model_07.jpg: North elevation facing the track
seelyhouse_model_08.jpg: East elevation


ユタ州を走るD&RGWの沿線にある/あった、Ciscoという町を紹介している。今回紹介する建物はUS Highway 50 & 6とRio Grandeの線路の間に建っていた「Seely House」である。

各部材を組み上げてから塗装して仕上げる。レンガ壁は茶色のサフェーサー、茶色のエナメル塗料、ベージュに調合した水性アクリル塗料を塗り重ねてから、サンドペーパーでパターンを研ぎ出した。シングル葺きの屋根は、灰色のサフェーサー、黒色のエナメル塗料、灰色に調合した水性アクリル塗料を塗り重ねてから、サンドペーパーでパターンを研ぎ出した。いずれも生地の色合いを活かすようにしている。

1970年代初頭には、空き屋になってから既に10年以上経っていたので、ある程度荒廃していたかもしれないが、模型では止めておいた。薄く溶いた水性アクリル塗料で、屋根のみ、軽くウエザリングを施している。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
D&RGW
Ring Owner: Nathan Holmes Site: D&RGW Site Ring
Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet
Get Your Free Web Ring
by Bravenet.com