So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

DRGW HT #12548 [DRGW Equipments PA]

drgw_12548_01.jpg: Cisco, UT. Sep. 10, 2017

This D&RGW quad hopper car is found at Cisco, Utah.

According to the book Morning Sun Color Guide to Rio Grande, D&RGW #12548 is one of 12500-12849 series HT built in 1982 by Bethlehem Steel Car Co. Preceding are 12000-12499 series built in 1979, the 19000 series built from 1975 and the 16000 series built from 1964.

It still keeps the original reporting mark and number but lost the stacked flying Rio Grande logo. N scale model of this series of cars were produced by Trainworx.


D&RGW 12500-12849 series Hopper Cars:
The D&RGW series 12500 to 12849 is shown with AAR Designation HT and description “Hop., Stl., Quadruple Hop.”

The inside length of these cars is 47 feet 11 inches, inside width 9 feet 9 inches, inside height 8 feet 1 inche, outside length 54 feet 1 inches, extreme height 14 feet 6 inches and capacity 3483 cubic feet or 200,000 pounds.

* 2008 photo of the exact car found at RR Picture Archives site;
* 2010 photo of DRGW #12550 with the flying logo found at RR Picture Archives site;


このRio Grandeの貨車は、ユタ州Ciscoで見つけた。1982年Bethlehem Steel製、D&RGW 12500-12849 series HTの内の1両である。ロゴこそ消されているものの、オリジナルの略号・番号を保っている。以前紹介した1975年製D&RGW 19174と同型の増備車。

そういえば、2018年3月号のTrains誌に、未だUP色に塗り替えられていない機関車の一覧が掲載されていた。その表によれば、SP/SSWスキームが29両、CNWスキームが11両、そしてDRGWが1両のみだそう。いよいよ終焉のときを迎えるようだ。

コメント(2) 

コメント 2

ワークスK

機関車の塗装が22-23年ももつって凄いです。塗料の質が良くなっているのでしょう。あるいは、従業員に愛着があって……。まあ貨車はまだまだ残りそうですね。
by ワークスK (2018-02-17 03:15) 

arx_ph.D.

Rio GrandeのCabooseに、1974年に施された塗装の表記には、

Dupont Imron Polyurethane

とあります。イムロンという商品名の、1970年代に売り出された航空機用塗料のようです。軽く仕上がるんだそうです。
by arx_ph.D. (2018-02-17 19:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
D&RGW
Ring Owner: Nathan Holmes Site: D&RGW Site Ring
Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet
Get Your Free Web Ring
by Bravenet.com