So-net無料ブログ作成

Figures, 2 and 4 - 02 [Column_Letters & Figures]

nz_2693_01.jpg: Christchurch, New Zealand. Jan. 3, 1994. #2693 in action

Here, I’m concerning about destined figures in this hobby.
According to the graph I represented before, some facts can be found.

1) It seems that young numbers are relatively more used in both countries (figure 1 is the most used in both countries. Use of figure 9 is limited in both countries).
2) Even numbers are relatively more used in both countries except figure 6 in United States.
3) The Japanese frequency of figure 0 and 6 is as twice as many of United States’. And the United States’ frequency of figure 3 is as twice as many of Japanese.

Japanese enthusiasts prefer numbers good place to leave off. Top number’s priority would be high in both countries. That would be a good reason for 0 and 1’s frequency.

Figure 6 reminds me of the “number of beast” mentioned in the New Testament, the Book of Revelation. Wouldn’t that be the reason for the limited use in United States?

These concerns leave figure 2 without reason why they are frequently used.

We cannot tell the reason of destinies. That leads me to a phenomenon that the commonly destined (or regarded as lucky) figure for steam locomotives, both in Japan and United States, is figure 2, because of its reasonless.

In United States, I can also add figure 4 as the destined figure, if I ignore “4 as fortune” proverb. How do you think of this?

nz_2693_02.jpg: Christchurch, New Zealand. Jan. 3, 1994.

鉄道趣味における数字について記している。
前回示したグラフから、いくつかのことを読み取ることができる。

1) どちらの国でも若い数字が比較的多い。
2) アメリカにおける「6」を除けば、どちらの国でも偶数が奇数より多い。
3) 日本における「0」「6」の件数はアメリカの倍、逆にアメリカにおける「3」の件数は日本の倍である。

つまり、日本・アメリカ両国において幸運にも生き延びた動態保存機関車の番号には、「0」「1」「2」「4」が比較的多いのだ。

日本のファンの間ではキリ番が好まれる。トップ・ナンバーの人気はどちらの国でも同じだろう。「0」「1」の件数が多い理由はこの辺りにあるのではないか。

アメリカで「6」の件数が少ないのはなぜだろう。筆者が思い出したのは映画「オーメン」である。新約聖書のヨハネの黙示録に記される「666」は「獣の数字」といわれ、転じてあまり縁起の良くない数字とされるそうだ。だから、「6」はアメリカで避けられるのではないだろうか。

逆に、「2」の件数が多い理由について、筆者は思いつかない。しかし、縁起がいいことの理由など説明できない。すなわち、理由など説明できないことこそ「縁」といえるのではないだろうか。したがって、幸運にも動態保存され生き延びた機関車の番号から、両国に共通するこの趣味に縁の深い(あるいは縁起のいい)数字として、「2」を筆者は挙げるのである。

アメリカに限れば「4」も縁の深い数字といえるかもしれない。”4 as fortune”とはいわないのであれば、だが。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
D&RGW
Ring Owner: Nathan Holmes Site: D&RGW Site Ring
Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet
Get Your Free Web Ring
by Bravenet.com