So-net無料ブログ作成
検索選択

Paint Shop – 50 : Atchison, Topeka & Santa Fe Boxcar 12672, part 1 [Works_Boxcars]

atsf145281_02.jpg: Albuquerque, NM. Sep. 8, 2015

I decided to add other 50’ slogan cars to my collection, complementing my San Francisco Chief and El Capitan cars.

The added is one of Bx-74 class XL boxcar with Texas Chief slogan. 1959 photo of #12672 is found at City of Vancouver Archives site. Railroad Picture Archives site has photos of #12605 and #12653 both with Texas Chief slogan.

I used stock MTL 031 series 50’ Standard Single Door Boxcar for the model. I changed the doors with Pullman doors copied from Atlas Master PS-1 40’ Boxcar. Side panel joints are corrected based on the prototype. I also cut the side sills referring to the prototype.

I painted the body with Tamiya TS-69, a little more brownish than Tamiya TS-33. Ends and roof were painted black. Before applying decals, I polished the surface of the painted body, where decals were going to be applied, with compound. Decal used is Microscale #60-506. Texas Chief slogan is applied on the right side based on the prototype photo. Semi-gloss clear coat is sprayed after decal is applied.

* 1959 photo of #12672 found at City of Vancouver Archives site;
* 1983 photo of #12605 found at Railroad Picture Archives site;

atsf12672_3.jpg: ATSF 12672


ATSFには列車名を車体に掲げたボックスカーが7種類あって、収集家の心をくすぐる。San Francisco ChiefやEl Capitanといった列車名を車体に掲げたボックスカーを制作すると、残りも欲しくなってくる。という訳で、今回取り上げたのはTexas Chiefを掲げたSanta Feの50フィートボックスカー。City of Vancouver Archivesというウェブサイトに美しい#12672の画像があったので、これを制作した。

模型にはMTL製50’ Standard Single Door Boxcarを用いた。扉はAtlas製PS-1 40’ Boxcarに附属のパーツを複製・加工したものに交換。車体側面に表現されていたパネル割を削り、プロトタイプのパネル割をカッターナイフで罫書き表現してみた。側面裾もプロトタイプに合わせ削っている。

今回は参考にした画像を基に、いつものタミヤTS-33より少し暗いタミヤTS-69で塗装した。屋根・妻板は黒。レタリングにはMicroscale製デカール #60-506を用いている。ATSFのboxcarにおいて列車名のスローガンはB端から見て左側に記されるのが基本だが、この車両では右側に記される。いつもどおり半光沢のクリアコートを最後に吹いて仕上げた。

コメント(3) 

コメント 3

ワークスK

実車の画像を拡大して気が付いたのですけれど、これ、側板の継ぎ目が帯材重ねのリベット止めとなっているのですね。ということは、2枚の側板と帯材の3枚を間柱にリベット止め? 帯の左右で段差が異なる……ということでしょうか? リベット列を帯の中心から右へ偏らせている点も不思議です。
by ワークスK (2016-12-08 04:28) 

arx_ph.D.

手元にある他の写真では、帯材で押さえているのではなく、側板の片辺にプレス加工を施して、重ね接ぎしたときに浮かないようにしてあるように見えます。トタン屋根みたいな感じですね。

画像の貨車は1920年製造の古い車体を1940年に鋼体化しています。推測ですが、接ぎ部分を逃げ・調整に充てるため、重ね代を余分にとってあるのではないでしょうか?

by arx_ph.D. (2016-12-08 10:04) 

ワークスK

なるほど、それだとリベット・デカールでの表現が最適でしょうか(笑)
この辺りについて、これからは文献を注意して読むことにします。
by ワークスK (2016-12-08 21:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
D&RGW
Ring Owner: Nathan Holmes Site: D&RGW Site Ring
Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet Free Site Ring from Bravenet
Get Your Free Web Ring
by Bravenet.com